広告詐欺の発生頻度、IEとクロームで最多 – ウォール・ストリート・ジャーナル日本版

詐欺ニュース

ウォール・ストリート・ジャーナル日本版広告詐欺の発生頻度、IEとクロームで最多ウォール・ストリート・ジャーナル日本版広告詐欺の発生頻度が高いブラウザーは、米マイクロソフトの「インターネットエクスプローラー(IE)」と米アルファベット傘下のグーグルの「クローム」であることが、広告詐欺の発見を専門とする米フロードロジックスの調査で明らかになった。 広告詐欺とは、消費者のウェブ …

クリックありがとうございます。 ハート は1投稿につき1回までクリックできます。
コメントはまだありません。情報を共有して詐欺被害を減らしましょう!